前田利常仮名消息 マエダトシツネカナショウソク

 / 江戸 

前田利常
制作地:日本
江戸
紙本墨書
縦 34.5 cm 横 51.7 cm
1幅
銘文:十月一六日付 春かう院宛

前田利常(まえだとしつね)(一五九三~一六五八)は、加賀前田家の祖利家(としいえ)の四男として生まれた。この消息は、利常が「さい相」と署名して仮名で認(したた)めたもの。利常の宰相への任官と文中「ほうしゆんいん」(芳春院)の死没年から、元和元年(一六一五)から同六年の筆跡ということになる。折紙であったものが中央で切断・反転されてはいるが、全体的にもとの状態をよく残しており、現在、何通か残る利常の仮名消息のうちの一通として興味深い。

作品所在地の地図

関連リンク

前田利常仮名消息チェックした作品をもとに関連する作品を探す

文高女王仮名消息(折紙)
大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
土左日記
慶長六年九月三日付 前田長種判物(二上渡守船頭中宛)
消息 廿日  「びんぎながら」
消息 廿日 「びんぎながら」

芳春院(前田 まつ)

ページトップへ