長島尉信肖像 ながしまやすのぶしょうぞう

江戸 / 茨城県 

小野寺鳳谷 (1810~1866)
おのでらほうこく
茨城県
江戸時代後期
紙本墨書
土浦市中央1-15-18 土浦市立博物館
土浦市立博物館

長島尉信1781~1866)は、土浦藩領常陸国新治郡小田村西町(現つくば市)の小泉家に生まれ、小田村田向の名主長島家の養子に入った。45歳で名主を隠居したのち、江戸に出て算法や暦法、度量衡などを学び、その力量を評価され、水戸藩、続いて土浦藩に仕えた。
仙台藩の儒者小野寺鳳谷が、関西旅行の途中、尉信の家に滞在して描いた作品。

作品所在地の地図

関連リンク

長島尉信肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐子図
唐子図

岡部洞水

尾形家「式目」
尾形家「式目」

尾形徳兵衛

筑波山と筑波鉄道
太刀 無銘(包平)
霞浦の美味御披露
ページトップへ