文化遺産オンライン

銅板押出三尊仏

ドウバンオシダシサンゾンブツ

作品概要

銅板押出三尊仏

ドウバンオシダシサンゾンブツ

考古資料

縦:27.7cm 横:19.3cm

1面

薄い銅板を原型となる半肉彫の銅製仏像に押し当てて軟らかく叩き、三尊仏を浮き立たせたもの。飛鳥時代末頃に大和国で製作されたと推定される。表面の一部には鍍金が見られる。保存状態の良さから出土品というよりは寺院で長く伝来していたものか。同じ形の押出仏が奈良県當麻寺奥の院に伝わるが、木製の舟形光背に鋲で留められている。

銅板押出三尊仏をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 押出 / 奈良 / 磚仏

関連作品

チェックした関連作品の検索