文化遺産オンライン

鳥取家住宅西門

とっとりけじゅうたくにしもん

作品概要

鳥取家住宅西門

とっとりけじゅうたくにしもん

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国

香川県

昭和前/1926~1945

木造、鉄板葺、間口1.3m、袖塀付

1基

香川県三豊市豊中町笠田笠岡字五右衛門1764-1

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

裏座敷の西庭の南辺に開く門。柱上部の腕木で軒桁を支え、屋根を鉄板葺とし、門口には両開きの網代戸を吊る。門の両脇に東西に延びる袖塀は、基礎を青石の乱積みとした竹穂垣で、西は温室に取付き、東は石塀に至る。多彩な造形で庭園の景観に変化を与える。

鳥取家住宅西門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / / 腕木

関連作品

チェックした関連作品の検索