桜花図 おうかず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

阪本浩雪 (1800-1853)
さかもとこうせつ
江戸時代後期
絹本著色
縦104.5cm,横28.6cm
1幅

 阪本浩雪(1800~53)は、紀伊藩江戸詰の医師の子として江戸に生まれ家業を嗣ぐが、本草学にも関心が強く、博物学的な立場から画技を学んだ。そして、ついに45歳の時に本業を辞めて、画業に専念することになる。彼が好んで描いた桜花の絵は、「浩雪の桜」として有名で、本品はそうした作品の一つである。画面上方には、前田夏蔭(1793~1864)による桜花の和歌があわせて記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

桜花図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松林山水図 
松林山水図 

野際白雪

本居大平像
本居大平像

金原白玉斎

布袋図
布袋図

岩井泉流

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

孔雀図
孔雀図

増山雪斎

ページトップへ