月次俳画帖 つきなみはいがちょう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

松尾塊亭 (1732-1815)
まつおがいてい
江戸時代後期/1809
紙本淡彩
縦35.5cm,横46.5cm
1帖

 紀伊藩士で俳諧師として著名な松尾塊亭(1732~1815)は、はじめ紀伊藩士で向井去来(1651~1704)の門人でもあった朝倉貫考について俳諧を学んだが破門され、のちに各務支考(1665~1731)の流れをくむ美濃の田中五竹坊に師事し文台(宗匠の地位)を譲られた。俳画をよくし、和歌山で多くの門人を指導した。本図は、1年12か月の景物を俳画で描き、句を添えた画帖で、落款により、文化6年(1809)、塊亭79歳の時に製作されたことがわかる。また、塊亭の自序には、和歌山の医師・小川氏(小川栄得か)の求めに応じて描いたことが記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

月次俳画帖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

西浜御殿之図
墨梅図
墨梅図

鶴亭筆

紀伊国名所図会
消息
消息

松尾芭蕉

ページトップへ