短冊(一条兼良筆) たんざく

 / 室町 

一条兼良 (1402~1481)
いちじょうかねら
室町期/15世紀
紙本墨書
1枚
岸和田市

青・紫の打曇、金銀泥で雲・波文等を施した料紙に次の和歌を記す。
 おもふ事いはねにおふるみるふさの千いろやうこのこゝろなるらん
一条兼良は、摂政・関白・太政大臣まで昇進する一方、当代一流の学者としても知られ、和歌・古典・有職故実など多方面にわたる述作を残した。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 岸和田市立郷土資料館

短冊(一条兼良筆) チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短冊(三条西実隆筆)
短冊(伊達政宗筆)
短冊(伝、後円融天皇筆)
短冊(伝、後円融天皇筆)

伝、後円融天皇

伏見天皇宸翰唯識三十頌
仏説観弥勒菩薩上生兜率天経
ページトップへ