奥の細道曽良随行日記〈自筆本/〉 おくのほそみちそらずいこうにっき

 / 江戸 / 近畿 

曽良
奈良県
江戸
1冊
天理大学附属天理図書館 奈良県天理市杣之内町1050
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人天理大学
国宝・重要文化財(美術品)

芭蕉の奥の細道紀行に随行した曽良の旅日記である。元禄二年、同四年における曽良の懐中旅日記の体裁を備えているが、当初の姿は奥の細道随行の日記として記されたものであって、その内容は奥の細道紀行の史実を正確に伝え、旅中における芭蕉の動静、各地俳人との交遊の有様を記し、芭蕉俳文を解明する上の根本資料として重要である。附の奥の細道は曽良筆と伝え、随行日記と共に一具に伝来した古写本である。

作品所在地の地図

関連リンク

奥の細道曽良随行日記〈自筆本/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

細道絵日記
細道絵日記

小川芋銭

更科紀行〈芭蕉自筆稿本/〉
紙本淡彩奥の細道図〈与謝蕪村筆/安永八年十月の款記がある〉
土左日記
安元御賀日記
ページトップへ