真壁城跡 まかべじょうあと

城跡 / 関東 

茨城県
桜川市真壁町
指定年月日:19941028
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 真壁城は、平国香にはじまる坂東平氏、常陸大掾氏一族の真壁氏の本城である。
 真壁氏の祖長幹(真壁六郎)は多気直幹の子で、平安末期に真壁郡に入部した。このおりに真壁城が築かれたとする伝承もある。以後真壁氏はこの地を基盤とする武士団として成長し、「真壁文書」「真壁長岡文書(古宇田文書)」など、多数の中世古文書を残している。
 真壁氏の城が中世古文書に登場するのは南北朝期であり、興国2年(1341)12月の史料に、北畠親房の「御方城々」として、真壁城がみえている。
 また応永30年(1423)には、真壁氏は室町幕府直属の京都扶持衆となっており、ためにこの年8月2日、鎌倉公方方の豪族の攻撃を受けて合戦が行われている。
 こののち真壁氏は古河公方や小田氏に対する従属・連携・離反等を経ながらも、領主として存続するが、天正18年(1590)の後北条氏滅亡後は新たに常陸全体の領主となった佐竹氏の家臣となり、慶長7年(1602)の国替えに際し、真壁氏は出羽に移り、真壁城は真壁氏本宗の代々の居城としての役割を終えた。
 しかし慶長11年(1606)、浅野長政が隠居分として真壁・筑波郡内に5万石を与えられ、長政はこの城を隠居所とし、その子長重の笠間移封後は寛永元年(1624)に稲葉正勝(春日局子)が1万石で入城、そして寛永5年(1628)の彼の真岡移封に伴い、真壁城は廃城となった。
 城跡は筑波山系足尾山西麓の台地上、桜川沿いの平地にのぞむ高燥地にあり、本丸を中心に四重のほりをめぐらす堅固な城構えである。
 本丸は標高47メートルにあり、南北100メートル…

作品所在地の地図

関連リンク

真壁城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新宮城跡附水野家墓所
二本松城跡
佐敷城跡
松代城跡<BR/> 附 新御殿跡
興国寺城跡
ページトップへ