白錆花籃「呑龍」 しらさびはなかご「どんりゅう」

その他 / 昭和以降 

飯塚小玕齋 (1919~2004)
いいづか しょうかんさい
平成14/2002
真竹、編組
高48.0 67.0×67.0
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第49回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 我が国の竹工芸の歴史は古く、縄文時代の遺跡からそれを示す遺品が出土する。奈良時代に唐の技法が導入され、中世には茶の湯の流行とともに我が国独特の作風を示し、近代以降、高い芸術性を目指す優れた竹工芸作家が輩出した。竹工芸の技法には、細く割った素材を編んだり組んだりして造形する編組物、竹材を円筒形のまま用いる丸竹物などがある。
 本作品の素材は真竹で、煮沸して脱油・脱色した後、2~3カ月太陽に晒した白錆竹をさらに1~2年保存したもので、長さ約3m、径7~8㎝。白錆竹2本を縦半分に割り、叩いて割れ目をつけて平らに広げ、両端は割らずに節のまま残し、4本の竹材を準備する。作者が全身の力を用い、反発力の強い太いつぶし竹を編み組みして造形した作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

白錆花籃「呑龍」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松葉編白錆花籃「白龍」
矢羽根文様六稜花籃
矢羽根文様六稜花籃

五世早川尚古齋

竹工芸
桐菱形輪花盛器
桐菱形輪花盛器

中台瑞真

籃胎蒟醬茶箱「春風」
ページトップへ