Yoshinoyamazubyobu

吉野山図屏風

Details

Yoshinoyamazubyobu

吉野山図屏風

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本 / 九州 / 佐賀県

桃山時代

紙本銀地着色 六曲屏風装

(各隻)竪160.5cm 横356.0cm

1双

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

銀箔が変色して黒ずんだ背景に、銀雲を画面の上下に部分的に配し、山塊をあらわす緑青に、山間に配されまさに散り始めようとする満開の桜が一際目に鮮やかに映える。大胆にして平明な表現だが、山のたたずまいは平板な塗りに見えてその実、微妙な変化を加えて自然らしい量感があり、群生する桜の配置も要領よく、桜の花びら一枚一枚が丁寧に胡粉で仕上げられ、繊細な技量が窺える。桜の根元の処理は桃山的で銀雲の縁に下地として胡粉を敷くのも古風な手法である。落款はなく作者は不明であるが、大和絵の手法に練達した画人が想定される。

Search by Yoshinoyamazubyobu

Search by 徴古館

Keywords

/ 屏風 / /

Related Works

Search items related to work chosen