見本切標本 みほんぎれひょうほん

その他の画像全6枚中6枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

 
竪29.8cm 横15cm
2帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

関東大震災後に整理された「御道具台帳」によると、巻物第44号で「見本切標本 二折」との記載がある。本来三折組であったが1を欠き、2は表面に第117~178号、裏面に第179~231号の115種、3は表面に第232~310号、裏面に第311~380号の149種、合計264種の金襴・緞子・間道・錦・風通・金紗・更紗などの裂地を貼り交ぜる。裂地は書画の表装や茶器の仕覆、道具類の袋裂、服紗などに使用されるが、その見本帳に当る。世の名物を分類した松平不昧(松江藩主松平治郷)の『古今名物類聚』(寛政元年/1789)は有名である。

作品所在地の地図

関連リンク

見本切標本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古裂帖
鍋島直正公御実歴一百図
内外収集標本箱
徴古館開館式式辞
巻絹机  大和錦張
ページトップへ