行波の神舞 ゆかばのかんまい

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選定年月日:19761225
保護団体名:岩国行波神舞保存会
備考:岩国行波の神舞 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

七年に一度執行される大きな神楽で、七年目ごとの四月二日、三日に行われる。錦川原に大きな赤松の柱九本で約八メートル四方の神殿を建て、屋根を藁のとこで葺く。中央には天蓋な飾る。神殿より約二十五メートル川上に、非常に高い赤松を一本立て、三方を綱で支える。もとは神職が執行したが、現在では、舞い始め、舞い納めの儀式のみ神職が担当し、他はすべて村人が行っている。荘厳(神殿入り)、六色幸文祭、諸神勧請、注蓮滝水、日本紀、荒霊豊鎮、八開の舞、愛宕八幡、天津岩座、三宝荒神、弓籠将軍、真榊対応、内鬼柴鬼神、五竜地鎮の十四番の曲目がある。

関連リンク

行波の神舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩国行波の神舞
大元舞
三作神楽
佐陀神能
中江の岩戸神楽
ページトップへ