青花花卉文盤  せいかかきもんばん

陶磁 /  / 中国 

景徳鎮窯
けいとくちんよう
中国
明時代
高9.0㎝ 径63.6㎝ 底径48.1㎝
一枚
東京都港区南青山6-5-46
根津美術館
重要文化財

大型の盤は、元時代から盛んに作られるようになった。内外の周縁部に八種類の花果折枝文を配し、表の中央には花卉文を大きく、のびやかに、余白をとってゆったりと描く。その精緻な筆使いと濃淡を加えた青料での描写は、わずかに青味を帯びた釉の下で瑞々しさを見せている。花果文には吉祥の意味を持つものがあり、鶏頭(けいとう)花は中国で鶏冠(けいかん)花ともいい、立身出世を意味するという。底は釉がかからず露胎で胎土は赤く焼けている。銘はないが、永楽期(1403〜25)の作品とされている。

作品所在地の地図

関連リンク

青花花卉文盤 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄地青花華果文盤
青花花卉文方瓶
青花花卉文方瓶

中国・景徳鎮窯

青花黄彩花果文盤
青花黄彩花果文盤

景徳鎮官窯

古染付羅漢文皿
古染付羅漢文皿

中国・景徳鎮窯

明染付花卉文大皿
ページトップへ