縮緬地友禅楊枝糊黒留袖「池塘遊嬉」 ちりめんじゆうぜんようじのりくろとめそで「ちとうゆうき」

染織 / 昭和以降 

山田栄一 (1900~1956)
やまだ えいいち
昭和31/1956
友禪楊子糊
丈152.0  裄62.0
1領
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 友禪揚子糊の糊置技法は、糊を引き伸ばす加減で、ごく細い線からある程度の太さの線まで自由に描き出せ、また、一本の線にも自由な幅のアクセントがつけられるところに特徴があって、絵画的な描線には独特の味を持つものである。
 本作品は、池畔でたわむれ遊ぶ6羽のおしどりを裾模様とする黒留袖である。本作品においても、おしどりの羽や波紋等に揚子糊の特徴である抑揚のある線がよく活かされている。

作品所在地の地図

関連リンク

縮緬地友禅楊枝糊黒留袖「池塘遊嬉」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

友禅訪問着「雲表に咲く」
友禅訪問着「方花文」
染分地柳に燕と蓮池に鯉文様振袖
刺繍訪問着「和」
友禅
ページトップへ