伝福岡県出土品 でんふくおかけんしゅつどひん

考古資料 / 奈良県 

平安時代 12世紀/永久4 1116
一括
伝福岡県出土
重要文化財

 福岡県太宰府市付近から出土したと伝えるほかは、詳細不明である。塔身、屋蓋、相輪の3部からなる銅鋳製の宝塔型経筒で、重厚な作りを示す。塔身は肩部で印籠蓋(いんろうぶた)と身に分かれ、側面に線彫りの扉を表わす。基部に1段の高台を設け、そこは円形銅板の嵌め底とし、内面に延久4年(1116)の針書銘とともに2躯の仏像と経巻を納めた痕跡をとどめる。屋蓋部の屋根は宝形造(ほうぎょうづくり)で、降棟(くだりむね)に銅板の線刻で堤瓦(つつみがわら)を表わす。末端近くに雲珠(うず)を立て隅木(すみき)先には風鐸(ふうたく)を吊す。仏像は2躯とも小さな銅製如来立像で、両肩から衲衣をおおうのみの簡略な表現である。これらは法華経見宝塔品に説く、釈迦・多宝の2仏と推定される。なお、ほかに銅鈴1個を伴う。
 出土状況などの不明なのが惜しまれるが、紀年銘を有する数少ない宝塔形経筒の優品であり、数少ない仏像を納めた事例である。また仏像も年代を付与できる平安時代の金銅仏として貴重である。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.282, no.21.

作品所在地の地図

関連リンク

伝福岡県出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

経筒・外筒(伝福岡県出土)
経筒(伝北九州出土)
経筒(伝愛媛県北条市出土)
粉河経塚出土品
経筒
ページトップへ