仏舎利塔 ぶっしゃりとう

権利者:高岡市立博物館蔵

油彩画 / 昭和以降 / 富山県 

川辺外治 (1901~1983)
かわべそとじ
富山県高岡市
昭和39年/1964年
キャンバス・油彩
【キャンバス】縦53.0cm×横65.0cm(F15号)
【額】縦79.0cm×横91.3cm
1
富山県高岡市古城1-5

 砺波市出身の洋画家・川辺外治による油彩画である。鉢伏山の仏舎利塔周辺を色鮮やかに描いている。この仏舎利塔は、世界の恒久平和を願い、二上山の鉢伏山に建つ高さ12mの九輪の塔である。
 画面奥には白い雲が浮かぶ青空、空から続いて画面中央から下は海となる。手前には左手から道が続く小高い山(鉢伏山)、そしてその頂上に白い仏舎利塔が雲を背に描かれる。下半分は多くの緑や赤土の地面が描かれ、全体的に明るい色彩で仕上げられる。画面右下に「S.KAWABE1964」のサインがある。

作品所在地の地図

関連リンク

仏舎利塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞龍寺山門
瑞龍寺山門

高倉一二

立山文卵殻貼りパネル
深海魚
深海魚

南桂子

「越中国立山之図」
高岡捺染 鷹図
ページトップへ