文化遺産オンライン

「越中国立山之図」

えっちゅうのくにたてやまのず

概要

「越中国立山之図」

えっちゅうのくにたてやまのず

絵図・地図 / 明治

明治初期

紙・木版多色刷り

縦51.5cm×横35.9cm

1枚

富山県高岡市古城1-5

資料番号 1-02-14

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

登山口から立山までを描いた図。数ある立山登拝案内刷り物の一つである。
右上に「越中國立山之図」と見出しがある。「御本社」とあるのは雄山神社で、その右には阿弥陀三尊が来迎している。木版で奥の山は薄い藍、手前の山は薄い緑、原野は茶、雲は赤で刷られている。赤は「洋赤」といわれた安価な輸入染料である。特に中央左の「ちごく谷」付近は赤く炎のようなものがいくつもある。山や木の表現などは細かく、画面下には人の姿も見える。

「越中国立山之図」をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

立山 / 富山 / 高岡 /

関連作品

チェックした関連作品の検索