旧南方家住宅主屋 きゅうみなかたけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

和歌山県
大正/1898~1912/2005改修
木造2階一部平屋建、瓦葺、建築面積71㎡
1棟
和歌山県田辺市中屋敷町36-1
登録年月日:20150326
田辺市
登録有形文化財(建造物)

田辺旧城下の和歌山藩与力屋敷跡地に建つ民家。南方熊楠が大正五年に移り住み、晩年を過ごした住居として知られる。木造二階建で上下階とも二室の座敷を並べる。外壁は軒下小壁を漆喰塗とするほかは焼杉板の下見板張としており、素朴な風貌を見せる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧南方家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧南方家住宅土蔵
旧南方家住宅書斎
旧南方家住宅井戸屋形
宮﨑家住宅土蔵
佐竹家住宅離れ
ページトップへ