色絵菊梅樹文貼付透彫鳥篭 いろえきくばいじゅもんはりつけ すかしぼりとりかご

工芸  陶磁 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

大川内
おおかわち
明治時代
磁器 
総高67.7cm 胴径36.5cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

明治10年(1877)に開催された第1回内国勧業博覧会の出品目録并解説書・褒状写(明治行政資料)に、大川内村光武彦七製造の「鳥籠 磁 梅折枝付亀甲透シ 壱個/花生 磁 梅折枝付 壱対」とあるのが本品に相当すると考えられている。光武彦七は捻細工を得意とした鍋島藩窯の御細工屋工人で、廃藩置県後、藩の保護をなくした鍋島焼が絶えるのをみかねて、明治10年鍋島家内庫所の補助をうけ、同12年に有志三人で精巧社を設立した。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵菊梅樹文貼付透彫鳥篭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁麒麟置物
青磁麒麟置物

鍋島焼

徴古館開館式式辞
色絵杏葉紋入梅樹文平碗
色絵柴垣図大皿
色絵柏樹双鳥図大皿
ページトップへ