冨嶽三十六景《相州梅澤左》 ふがくさんじゅうろっけい そうしゅううめざわひだり

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

「梅澤左」は「梅澤在」か「梅澤庄」の誤刻だといわれている。現在の神奈川県二宮町梅沢地区あたり。夜明けにあわせ、2羽の丹頂鶴が水場より羽ばたいていく、一時の清廉な空気を描き出している。水場の4羽の丹頂鶴は、その羽毛の描写にいたるまで、驚くべき観察がなされている。この版図には改印、版元印が認められるものがなく、藍摺りを基調としている。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《相州梅澤左》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《相州七里浜》
冨嶽三十六景《駿州片倉茶園ノ不二》
冨嶽三十六景《穏田乃水車》
冨嶽三十六景《常州牛堀》
冨嶽三十六景《礫川雪の且》
ページトップへ