木造十一面観音坐像 もくぞうじゅういちめんかんのんざぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

木像 / 南北朝 / 九州 

不詳
南北朝/1334
木造(寄木造)、漆箔彩色、玉眼
正面を向き、右手は掌を上にして膝前に伸べ、左手を屈臂して蓮華を握り、右足を上にして結跏趺坐する。頭上に十一面を頂き、垂髻を結い、宝冠をか…
像高114.0㎝、髪際高82.3㎝、頂顎53.0㎝、髪際顎20.9㎝、面幅20.0㎝、面奥27.7㎝、耳張24.7㎝、肩幅42.2㎝、肘張67.7㎝、膝張79.0㎝、胸奥(左)31.6㎝、胸奥(右)32.8㎝、腹奥37.1㎝、膝奥57.3㎝、裳…
1躯
福岡県指定
指定年月日:20130329
有形文化財(美術工芸品)

像内の墨書には天禄2年(971)に建立されたと記されているが、構造や造形は10世紀末に遡るものとは認められない。墨書にある建武元年(1334)に再興像として制作され、その後、宝永2年(1705)と文久2年(1862)に修理がなされたことが判明する。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造十一面観音坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造伝観音菩薩坐像
木造大日如来坐像
木造阿弥陀如来坐像
木造阿弥陀如来坐像
木造大日如来坐像
ページトップへ