葵文中皿 あおいもんちゅうざら

漆工 

江戸時代後期
漆器
口径18.0
1枚

徳川御三卿の田安家が江古田村あたりを遊興に訪れた折、応接した名主・山﨑家が拝領したものと伝えられてきた。当然ながら良い塗りの品である。

作品所在地の地図

関連リンク

葵文中皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
江古田獅子舞巡行絵巻
宴席用一の膳
銀製葵紋入加銚子・長柄銚子
陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
ページトップへ