絵馬「陰陽和合図」 えま「いんようわごうず」

有形民俗文化財 / 江戸 / 関東 

埼玉県
江戸時代末期/1850~1860頃
扁額 桐材着色(縁は別材)
縦44.3cm 横81.7cm 厚さ2.5cm
1面
埼玉県狭山市柏原1153番地
狭山市指定
指定年月日:20130201
白鬚神社
有形民俗文化財

富士講独自の生命観をもとに説いた産育や孝行の思想を絵解きした彩色絵馬で、画面上部に3つの宝珠に擬した「参」字と富士山を配し、その下中央部に「天合空大息」字および子ども像、右部に日と男性像、左部に月と女性像、画面下部中心に「心」字が描かれ、それぞれが結線され、「心」字の上で蝶結び様に描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

絵馬「陰陽和合図」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造阿弥陀如来坐像
木造 女神坐像
木造観音菩薩立像
琴石山心光寺の木像千手観音菩薩坐像 1躯<BR/>付 心光寺の保存の千手観音関連文書 6点
木造天部形立像(伝梵天像・伝帝釈天像)
ページトップへ