富田長秀墓碑(歯塚権現碑) とだながひでぼひ(はづかごんげんひ)

その他 / 中部 

福井県
朝倉氏滅亡後、富田長秀は織田信長より府中城主に任命されるが、謀反を起こし一向一揆勢と連携して越前を制圧した。しかし、一向一揆勢とも対立した長秀は鯖江付近で勃発した合戦で…
福井県鯖江市長泉寺町地係
鯖江市指定
指定年月日:20140401
記念物

富田長秀は天文21年(1551)誕生~天正3年(1574)2月18日に討死。中道院現住秀運法院。
長泉寺は鯖江台地の北部、長泉寺山東麓に位置する。地名の由来は、養老2年泰澄の創建と伝える霊池山長泉寺の寺名による。長泉寺山山上には前方後円墳・円墳・方墳など50基あまりが現存する長泉寺山古墳群がある。
参考:鯖江市史編纂委員会『鯖江市史』通史編上
    『角川日本地名大辞典』

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

富田長秀墓碑(歯塚権現碑)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

嚮陽渓碑
長泉寺古墳
機業記念碑
兜山古墳
有鉤銅釧出土地
ページトップへ