橋本関雪所用唐物槎管筆 はしもとかんせつしょようからものさかんひつ

工芸 / 昭和以降 

昭和
全長三六.〇
管長三二.六
管径一.三
1
木村陽山コレクション

橋本関雪(一八八三~一九四五)は儒者の家に生まれて幼い頃から漢籍に親しみ、二十数回も中国へ旅行して目にした風物を題材に、名作を次々と描いた近代日本画の巨匠。 本筆は、流木を筆管として用いたもの。流木は仙人の世界へ行くことができる乗り物とされ、中国では身の回りを飾る工芸品などに流木を原料とするものや、その形を模したものなどが広く用いられた。

作品所在地の地図

関連リンク

橋本関雪所用唐物槎管筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

橋本独山所用唐物鉄刀木水牛毫提筆
竹内栖鳳所用筆一揃
貂毫古代厨子管筆
富岡鉄斎所用筆一揃
唐物彩漆樹皮文筆
ページトップへ