Imariyakihokeisekaizusara

染付方形世界図皿

Details

Imariyakihokeisekaizusara

染付方形世界図皿

陶磁 / 江戸

製作者不詳/有田窯

江戸時代/19世紀後期

磁器

高6.7 30.9×36.2 高台径19.8 

1枚

高台内に染付銘「天保年製」
南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→2014神戸市立博物館

参考文献:

「大日本」を中心に、東には南アメリカ、北アメリカ大陸、北には朝鮮、大清といった東アジアの国々や地名のほか、欧羅巴では「ナンハン(南蛮)」「イキリス」「本オランタ」などの国名を記した世界図の角皿。縦・横の寸法がそれぞれ30㎝を超えており、角皿としては大きな作例。

「大日本」には、江戸・京・大坂・長サキといた地名が施されていますが、「イキ(壱岐)」と「ツシマ(対馬)」の位置関係は誤っています。北方に「女人国」「小人国」「一目国」、南アメリカには「長人国」といった空想の国が確認できることも大きな特徴。海上にあしらわれた青海波、高台部分に「天保年製」との記載を施すのも、伊万里焼の地図皿には一般的な作例といえます。

アジアに東西に大きく拡がる山脈のほか、随所にみられる山並み、さらには地名の位置や並びなどを考慮すると、地図皿に描かれた意匠のもととなったのは、幕末に流布をみた一枚刷の世界図「世界万国日本ヨリ海上里数王城人物図」(附図)とその類品が考えられます。となると、必然的にこれらの世界図皿の製作年は下るでしょう。


【古地図】【近世・近代の漆工・陶磁器・染織】

Related Works

Search items related to work chosen