十四世藤野雲平製天平筆 じゅうよんせいふじのうんぺいせいてんぴょうひつ

工芸 / 昭和以降 

 (1912~1999)
じゅうよんせいふじのうんぺい
昭和
全長二一.二
管長一八.〇
管径一.八
1
木村陽山コレクション

藤野家が製筆を始めたのは元和年間の頃。十四世藤野雲平(一九一二~一九九九)は、京都の筆舗、提中金翠堂に奉公後、父にも学んで筆を製した。製筆の大勢が水筆へと推移していった時代にあっても、古式の巻立法を守って巻筆の製造を続けた特異な筆匠であり、昭和四一年(一九六五)には滋賀県指定無形文化財に認定されている。本筆は、藤野家歴代が最も得意としてきた天平筆。雀の頭の形に似ることから「雀頭」と呼ばれる穂首の形や斑竹、コツの形など、正倉院に伝わる天平筆を基本にした古式ゆかしい作である。

作品所在地の地図

関連リンク

十四世藤野雲平製天平筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山元春挙所用円健斎製火紋竹管筆 銘 春挙先生雅玩<BR/>山元春挙所用斑竹管筆 銘 春挙先生清玩<BR/>山元春挙所用金翠堂製竹管筆 銘 一徹先生清玩
勝木平造製イ方御物天平筆
高木寿穎製竹管筆 銘 烏糸闌 銘 定天山
貂毫古代厨子管筆
紫山窯製清水焼陶管筆
ページトップへ