海士玉採図石菖鉢 あまたまとりずせきしょうばち

その他の画像全5枚中5枚表示

金工 / 明治 

山尾侶之作
明治6年(1873)
銅鋳製
1個
銘文:「明治六年癸酉一月 大日本北国加賀石川郡金沢住人 山尾侶延長男 侶之(花押)」刻銘

石菖を生ける浅く広がった鉢を石菖鉢と呼び、これは明治6年(1873)のウィーン万博に出品されたものである。山尾侶之は金沢の金工家で、この万博にはこのほかにも金沢で製作された多くの石菖鉢などが出品され、後にその形を模した鉢が作られる程人気を博した。(20111115_h19)

作品所在地の地図

関連リンク

海士玉採図石菖鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁牡丹唐草彫文三足鉢(石菖鉢)
瑠璃地金彩唐草文仙盞瓶
瑠璃地金彩唐草文仙盞瓶

四代高橋道八作

褐釉蟹貼付台付鉢〈宮川香山作/〉
信天翁の大鉢
信天翁の大鉢

ショワジール・ル・ロワ社

銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
ページトップへ