喀血詩 かっけつのし

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 

頼山陽筆
江戸時代・天保3年(1832)
紙本墨書
1巻

 山陽は、詩人・歴史家として著名で、書画を能くした。その能書は際立っており、江戸時代に盛行した唐様(からよう)の書の代表的人物である。この詩は、最晩年の天保3年に喀血した際の心情を詠じたものである。末尾に、後藤世張にあてた8月17日付の手紙を附属する。

作品所在地の地図

関連リンク

喀血詩チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松巒古寺図
松巒古寺図

田能村竹田筆

菅茶山関係資料
詩書屏風
詩書屏風

三井親和筆

飲中八仙歌
飲中八仙歌

寂厳筆

七言絶句「茶磨山詩」
ページトップへ