唐物彫壺文紫檀羊毫壺筆 からものちょうこもんしたんようごうこひつ

工芸 /  

中国・清
全長二三.〇
管長一〇.七
管径五.七
1
木村陽山コレクション

このような形の唐筆は、筆管が壷の形に似ていることから「壷筆」と呼ばれ、装飾を兼ねて机上に立てておけるために愛用されてきた。本筆に彫刻されている壺の中からは水があふれ出て、幾重にも重なる同心円状の波を示す「青海波」となって大海を暗示している。大海の広大さは、同様に果てを知らない芸術である「書」に例えられることがしばしばあり、この一本に秘められた意味は深い。

作品所在地の地図

関連リンク

唐物彫壺文紫檀羊毫壺筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物象牙彫宝塔形管筆
唐物彩漆樹皮文筆
唐物青貝花立涌文筆
西園寺公望所用鳩居堂製竹管筆 銘 清風
唐物青貝十六羅漢図筆
ページトップへ