文化遺産オンライン

慈恩大師坐像

じおんだいしざぞう

作品概要

慈恩大師坐像

じおんだいしざぞう

彫刻 / 平安

平安時代・11~12世紀

木造、彩色

30.3

1躯

慈恩大師は中国・唐時代の高僧で、法相宗(ほっそうしゅう)の祖師として尊崇される。大師像はおもに慈恩会(じおんえ)の本尊としてまつられた。この像は彫像の最古例で、作行も優れており、製作時期は11世紀に遡る。画像では薬師寺(やくしじ)のものが平安時代後期の秀作としてよく知られる。

慈恩大師坐像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大師 / 平安 / / 慈恩

関連作品

チェックした関連作品の検索