イギリスの代表的な動力織機 いぎりすのだいひょうてきなどうりょくしょっき

その他 / 明治 

イギリス
明治/1890
135×240×125
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
トヨタ産業技術記念館

1850年から1900年にかけて、イギリス綿業を支えていたのが、このような動力織機です。綿業中心地ランカシャー地方で数多く製造・稼働していたためランカシャールームと呼ばれていました。19世紀末の日本では木製の手織機であったのに対し、既に全鉄製で動力化され、よこ糸切れ自動停止装置などを備えていました。
展示機は、1890年頃に製造されたもので、イギリスの博物館に保存されていたものを譲り受けたものです。

関連リンク

イギリスの代表的な動力織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

アークライトのカード
アークライトのカード

リチャード・
アークライト

鋳型造型機
豊田式鉄製自動織機(T式)
無停止杼換式豊田自動織機(G型)1号機
環状織機
環状織機

豊田 佐吉

ページトップへ