文化遺産オンライン

原田式タオル織機

はらだしきたおるしょっき

作品概要

原田式タオル織機

はらだしきたおるしょっき

その他 / 昭和以降

原田 元三郎

はらだ げんざぶろう

大阪府

昭和以降/1951

160×270×220

1

〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号

株式会社豊田自動織機

1907年(明治40年)に、国内2番目のタオル製織用動力織機として大阪府の原田元三郎によって発明された織機です。動作が軽快で、その後も何回となく改良が加えられて更に優秀なものとなりタオル業界に普及しました。
展示機は、1951年に製造され、泉南地区で稼働していたものを復元しています。

原田式タオル織機をもっと見る

原田 元三郎をもっと見る

トヨタ産業技術記念館をもっと見る

キーワード

織機 / 豊田 / 佐吉 / 動力

関連作品

チェックした関連作品の検索