Dish with Foliate Rim, Heron and willow design in underglaze blue

Details

Dish with Foliate Rim, Heron and willow design in underglaze blue

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 18th-19th century

高4.4 口径30.0 高台径18.3

1枚

地を濃染めで塗りつぶし、文様を白く抜くことで、白鷺の図が効果的にあらわされている。柳の葉は、墨で文様を描いてからコバルト顔料を塗る墨弾(すみはじ)きの技法が用いられている。このような藍地白抜きの意匠は18世紀の末から19世紀の初頭にかけて流行した。

Related Works

Search items related to work chosen