染付柳に鷺図輪花皿 そめつけやなぎにさぎずりんかさら

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・18~19世紀
高4.4 口径30.0 高台径18.3
1枚

地を濃染めで塗りつぶし、文様を白く抜くことで、白鷺の図が効果的にあらわされている。柳の葉は、墨で文様を描いてからコバルト顔料を塗る墨弾(すみはじ)きの技法が用いられている。このような藍地白抜きの意匠は18世紀の末から19世紀の初頭にかけて流行した。

作品所在地の地図

関連リンク

染付柳に鷺図輪花皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付沢瀉に鷺図輪花大皿
染付柳に馬図皿
染付吹墨白鷺図皿
染付群烏文大皿
青磁日本図円形大皿(飛鶴文)
ページトップへ