南瞻部洲図 なんせんぶしゅうず

絵図・地図 / 江戸 

不明
江戸時代、寛政13年以降か/1801年以降か
手書手彩
127.5×152.2
1幅
南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:

江戸時代に描かれた仏教系世界図。鳳潭の「万国掌菓図」とよく似ていますが、日本の形やヨーロッパが南瞻部洲の北方に位置していることなど、いくつかの差異がみられます。

大陸の周囲には阿蘭陀船や南蛮船、飛行船など7つの船が描かれています。これらの船は江戸時代に刊行された節用集である『都会節用百家通』のなかに収められている世界図と一致することがわかっています。このことから、本図は『都会節用百家通』の初版が刊行された寛政13年(1801)以降に描かれたのでしょう。

【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

南瞻部洲図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南瞻部洲図
万国図
万国図

不明

寛文日本図
坤輿万国全図屏風
坤輿万国全図屏風

筆者不詳/日本

日本鳥瞰図
ページトップへ