Cradle Stirrups

Details

Cradle Stirrups

others / Kamakura

Kamakura period, 13th century

1双

鐙は、上部のバックルにあたる鉸具、その下の透の入った紋板、足を置く舌とよばれる部分などから構成される。鉄の鍛造によるもので、鉸具には銅の覆輪が懸けられている。舌の短い舌短や半舌の鐙に対して、長い形式を舌長鐙といい、中世の和鞍などに用いられた。(かこ すかし もんいた ふくりん したみじか はんじた やまとくら)(140102_h21・22初もうで)

Search by Cradle Stirrups

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ あぶみ / Stirrups /

Related Works

Search items related to work chosen