Container for Thick Tea, Named "Konoma"

Details

Container for Thick Tea, Named "Konoma"

ceramics / Edo

Seto ware

Edo period, 17th century

陶製

高5.8 口径3.9 底径4.2

1口

大海よりも小ぶりな内海+ないかい+を思わせる形の茶入。胴には胴紐と呼ばれる沈線をめぐらせる。腰から底部を除いて鉄釉を掛け、その上に灰釉を随所に施して、それが景色となっている。銘の箱書は小堀遠州の三男小堀権十郎政伊+ごんじゅうろうまさただ+によるものとされる。

Related Works

Search items related to work chosen