文化遺産オンライン

掛軸象嵌鞘形印籠

かけじくぞうがんさやがたいんろう

作品概要

掛軸象嵌鞘形印籠

かけじくぞうがんさやがたいんろう

金工 / 江戸

江戸時代・19世紀

鞘銅製鍍銀、金象嵌

縦6.6_横4.8

1個

印籠は薬などを入れて腰から下げる小型の容器で、薬籠{やくろう}ともいう。印籠は木製漆塗りや牙角{げかく}製などがあるが、まれにこのような金属製品もみられる。立体的な彫刻や、他の金属をはめこんだ象嵌{ぞうがん}の技法が用いられており、江戸の極小芸術の一端を示している。 (20111129_h131 印籠共通解説)

掛軸象嵌鞘形印籠をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

印籠 / 容器 / / いんろう

関連作品

チェックした関連作品の検索