文化遺産オンライン

色絵竹図徳利

いろえたけずとくり

作品概要

色絵竹図徳利

いろえたけずとくり

陶磁 / 江戸

京焼・御菩薩池

江戸時代・17~18世紀

高28.4 口径2.0 底径8.0

1口

銘文:「御菩薩池」印

精緻な轆轤(ろくろ)の技によりすらりと伸びた頸部が印象的な徳利。色絵で赤彩を使わずに緑彩と青彩に金彩という三色で彩るのは古清水(こきよみず)の典型的な作風である。底部に捺された「御菩薩池(みぞろがいけ)」の印から、古清水の作風の中でも早い時期のものと考えられている。

色絵竹図徳利をもっと見る

京焼・御菩薩池をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 色絵 / 清水

関連作品

チェックした関連作品の検索