両尖匕首 りょうせんあいくち

考古資料 / 縄文 

出土地:出土地不詳
縄文時代(前期)・前4000~前3000年
石製(黒曜石)
201.0×57.0×14.0mm
1個

両(りょう)尖(せん)匕(あい)首(くち)は縄文土器研究の第一人者山内(やまのうち)清(すが)男(お)によって名づけられました。抉(えぐり)入(いり)尖(せん)頭(とう)器(き)とも呼ばれ、縄文時代前期の東北地方の日本海側に主に分布する地域色の強い石器です。丹念に作られており、威(い)信(しん)財(ざい)としての意味を備えていたと考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

両尖匕首チェックした作品をもとに関連する作品を探す

両尖匕首
抉入柱状片刃石斧
住吉町遺跡出土の遺物
尖頭器
石鏃
ページトップへ