文化遺産オンライン

顔面付土版

がんめんつきどばん

作品概要

顔面付土版

がんめんつきどばん

考古資料 / 縄文 / 茨城県

出土地:茨城県結城市矢畑出土

縄文時代(晩期)・前1000~前400年

1個

重要美術品

土版には顔や性器の表現をもつ例があります。東北地方の例は刺突や線刻で目・鼻・口に加えて正中線を簡素に表します。一方、関東地方の例は、頭部を作り出し、粘土を貼り付けて眉や目、鼻や口、そして乳房などを立体的に表現する多彩な造形をなすことが特徴です。

顔面付土版をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

縄文 / 土偶 / 出土 / Clay

関連作品

チェックした関連作品の検索