文化遺産オンライン

唐織 緑紅茶段青海波花熨斗扇夕顔模様

作品概要

唐織 緑紅茶段青海波花熨斗扇夕顔模様

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

丈155.8 裄69.9

1領

主として女性役が用いる表着で、刺繍のような風合いの織模様が特色である。『源氏物語』の「夕顔」の巻をモティーフにした宮廷風の扇模様は、高貴な女性役にふさわしい若い女性役の装束。扇は「末広がり」であることから日本では吉祥模様とされた。

唐織 緑紅茶段青海波花熨斗扇夕顔模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / Karaori / 女性 /

関連作品

チェックした関連作品の検索