蟹琴蒔絵硯箱 かにことまきえすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1合

 黒漆塗の地に金の高(たか)蒔絵で蟹と琴を描いた硯箱。蟹の目には金鋲(びょう)をうち、雲に金銀の切金(きりかね)を置き、月は銀の板を切り抜いた平文(ひょうもん)で表わすなど、大胆な図柄でありながら、様々な技巧が凝らされている。桃山文化期にも、伝統様式の蒔絵が存続していたことを示す一例である。

作品所在地の地図

関連リンク

蟹琴蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

住吉蒔絵硯箱
初瀬山蒔絵硯箱
楓鹿蒔絵硯箱
梅蒔絵硯箱
芦舟蒔絵硯箱
芦舟蒔絵硯箱

伝本阿弥光悦作

ページトップへ