文化遺産オンライン

因州候庭園図

作品概要

因州候庭園図

絵画 / 江戸

沖一峨筆

江戸時代・嘉永2年(1849)

絹本着色

113.9×44.5

1幅

沖一峨は鳥取藩の江戸詰めの絵師で、鍛冶橋狩野家に学んだが、他派の画法も学び自由な作画をおこなった。本図は芝にあった鳥取藩池田家下屋敷の庭園越しに南の品川方面を望んだ実景を描いたもの。狩野派の画法に西洋の遠近法を取り入れた視覚で描かれている。

因州候庭園図をもっと見る

沖一峨筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 西洋 / 描く /

関連作品

チェックした関連作品の検索