鎌倉彫鉦懸座板

漆工 / 室町 

室町時代・16世紀
1枚

 鉦鼓掛は鉦架を支える板をいう。鉦を吊るしたこの板を首から下げて、踊り念仏などの拍子をとるのに使用した。板の表面には阿弥陀三尊の来迎図と蓮華を彫り込み、朱漆と金箔とで飾っている。技法はいかにも素朴だが、庶民信仰の雰囲気をよく伝えている。 

作品所在地の地図

関連リンク

鎌倉彫鉦懸座板チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刺繍阿弥陀三尊来迎図
椿鶴亀彫木漆塗書棚
阿弥陀浄土曼荼羅
首懸駄都種子曼荼羅厨子
両界曼荼羅 厨子入
ページトップへ