文化遺産オンライン

羽織 納戸地立涌に唐松模様

作品概要

羽織 納戸地立涌に唐松模様

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 「ひらかな盛衰記」の2段目、平次景高役に使用された衣装と伝わる。「ひらかな盛衰記」は「源平盛衰記」を庶民向けに脚色した作品。2段目では、兄・源太景季と相愛である腰元・千鳥に景高が横恋慕し、宇治川の先陣争いに遅れた兄をおとしめようとする。 

羽織 納戸地立涌に唐松模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 宇治川 / 先陣

関連作品

チェックした関連作品の検索