Fowl with Pine and Plum

Details

Fowl with Pine and Plum

Paintings / Edo

By Ito Jakuchu (1716-1800)

Edo period, 18th century

Ink and light color on paper

各154.0×354.0

6曲1双

若冲は「鶏の画家」と知られ、多くの鶏図を描いている。正面向きや後ろを向いたもの、雄々しく立つ姿や座る姿など、雌雄の鶏と雛のさまざまな姿態を克明に描き分けている。石燈籠は、大小の無数の点で描かれて、御影石の表面が真に迫ってあらわされている。

Related Works

Search items related to work chosen