聚楽第行幸和歌巻 じゅらくだいぎょうこうわかかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 

烏丸光広筆
江戸時代・17世紀
彩箋墨書
1巻

 豊臣秀吉の権勢を示す聚楽第は、天正14年(1586)に完成。翌々年に後陽成天皇(ごようぜいてんのう)が行幸(ぎょうこう)し、和歌会が催された。これは、晩年の烏丸光広が、そのときの和歌を揮毫(きごう)したもの。筆運びに彼独自のリズム感を発揮しており、奔放かつ自在な筆致は見どころの一つ。  
(2006/07/04_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

聚楽第行幸和歌巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東行記
東行記

烏丸光広筆

十二月言葉手鑑
十二月言葉手鑑

大友義統

関屋図屏風
関屋図屏風

俵屋宗達筆、烏丸光広賛

和歌一首懐紙  「雪中富士」
後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)
後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉、狩野勝川院〈雅信〉、小林養建模

ページトップへ