文化遺産オンライン

色絵急須

いろえきゅうす

作品概要

色絵急須

いろえきゅうす

陶磁 / 江戸

仁阿弥道八、左平合作

江戸時代・19世紀

磁製

高11.8 口径5.8 底径5.3 胴径9.3

1口

銘文:把手 ; 蓋裏

道八による急須。胴部には龍、鳳凰、太陽が赤・緑・黄の色絵で呉州赤絵風に描かれている。蓋の裏に染付で「左平/補之」と書かれる。左平とは青木木米のことで、蓋がいちど破損して木米が作り補ったというように解釈される。

色絵急須をもっと見る

仁阿弥道八、左平合作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

道八 / 木米 / 急須 / 色絵

関連作品

チェックした関連作品の検索